パピーリナックス Sambaによる共有設定



0.まえがき

  •  パピーリナックス4日本語版には、sambaサーバーは予めインストールされていないが、PETパッケージマネージャに登録されているので、PETパッケージマネージャよりインストール・設定する。
  • 検証目的のためパスワードもかけていないので、セキュリティが必要な場合は更なる見直しが必要。




1.Sambaサーバーインストール・設定

(1)Sambaインストール

図1.1 PETパッケージマネージャ画面1

  • デスクトップ画面の「インストール」アイコンをクリックする。
  • PETパッケージマネージャ画面が開くので、ソフトウェア管理の「PET」アイコンをクリックする。

図1.2 PETパッケージマネージャ画面2

  • パッケージ一覧が表示される。

図1.3 Sambaサーバ選択画面

  • パッケージ一覧の中から、sambaサーバを選択しクリック。

図1.4 Sambaサーバ入手先画面

  • ダウンロード先サイトを選んでクリックする。

図1.5 ダウンロード中画面

  • ダウンロード、インストール状況が表示される。

図1.6 インストール完了画面

  • インストール完了画面が表示されるので「OK」をクリックする。

図1.7 インストール結果


  • 下部にインストール済のパッケージが表示されるので確認する。

(2)smb.confの設定

workgroup = INOHARA   ←MYGROUP

security = share       ←user


[share]
comment = Puppy Server@CELSUS
path = /mnt/sda5
read only = no
public = yes
share modes = yes
force user = root



       図1.8 smb.confの編集


  • LAN内のワークグループを設定。
  • セキュリティレベルは共有レベルに設定。
  • WindowsXPマシンとして使用しているCELSUSのHDDにたPCからもアクセスできるよう、/mnt/sda5を共有する。

(3)Sambaの起動

# /opt/samba/sbin/smbd start
# /opt/samba/sbin/nmbd start



       図1.9 Sambaの起動
  • Samba起動コマンドを入力する。

更新履歴 更新履歴
2009.08
作成


「SSHサーバーのインストール・設定」
トップ アイコン
トップ

「Webサーバーのインストール・設定」