パピーリナックス Webサーバーのインストール・設定



0.まえがき

  •  パピーリナックス4日本語版には、Webサーバーとして「Monkey」が、PETパッケージマネージャに登録されているので、PETパッケージマネージャよりインストール・設定する。
  • MonkeyはApacheよりも軽量・高速らしい。




1.Webサーバーインストール・設定

(1)WebサーバーMonkeyのインストール

図1.1 PETパッケージマネージャ画面1

  • デスクトップ画面の「インストール」アイコンをクリックする。
  • PETパッケージマネージャ画面が開くので、ソフトウェア管理の「PET」アイコンをクリックする。

図1.2 PETパッケージマネージャ画面2

  • パッケージ一覧が表示される。

図1.3 Monkeyサーバ選択画面

  • パッケージ一覧の中から、Monkeyサーバを選択しクリック。

図1.4 Monkeyサーバ入手先画面

  • ダウンロード先サイトを選んでクリックする。

図1.5 インストール完了画面

  • インストール完了画面が表示されるので「OK」をクリックする。

図1.6 インストール結果
  • 下部にインストール済のパッケージが表示されるので確認する。

(2)monkey.confの設定

Server_root = /root/monkey/public_html
Port 80

ServerName www.inohara.net  ←127.0.0.1



       図1.7 monkey.confの編集


  • 標準インストールではドキュメントルートは/root配下のpublic_htmlとなっている。
  • 外部に公開する場合はドメイン付きサーバー名に変更。
  • ほとんど変更なしで運用開始できる。

(3)Webサーバーの起動

図1.8 Webサーバー起動

  • /rootにある「Monkey-Web-Server」をクリックする。

図1.9 Webサーバー稼動状況

  • Webサーバー稼動状況画面が表示されるので、「Start」ボタンをクリックする。

図1.10 Webサーバー稼動状況

  • 稼動状態になったことを確認する。

図1.11 Webサーバー初期画面

  • Webブラウザより、パピーリナックス サーバー機のIPアドレス(本例ではhttp://192.168.0.7/)にアクセスし初期画面を確認する。

更新履歴 更新履歴
2009.08
作成


「sambaによる共有設定」
トップ アイコン
トップ

「DNSサーバーのインストール・設定」