FreeNAS WebGUIの起動・基本設定



(1)FreeNAS WebGUIへのログイン方法

図1.1 WebGUIログイン画面
  • ブラウザのURLとしてサーバーのアドレスを直接指定する(URL=http://192.168.0.9/)と図1.1のようにログイン画面が開く。
  • 初期ユーザ名=admin、初期パスワード=freenasを入力。


(2)WebGUI設定のトップ画面

図2.1 WebGUIトップ画面
  • ログインが正常に行われるとFreeNAS WebGUI設定のトップ画面が開く。当初は英語表示となっている。


(3)日本語表示等基本設定

図3.1 ホスト名言語設定画面



図3.2 その他基本設定画面
  • 日本語表示に変更するため、「System」→「General」をクリックする。
  • 図3.1のGeneral設定画面の「Language」=「Japanese」を選択する。
  • その他、「Hostname」=「freenas」、「Domain」=「inohara.net」、「IPv4 DNS servers」=「192.168.0.15」追加を設定する。
  • 図3.2の「Enable NTP」にチェックを入れる。
  • 下部「save」をクリックし設定を保存する。いったんログアウトし再接続すると日本語表示となっている。

(4)管理者パスワードの変更

図4.1 パスワード設定画面
  • デフォルト管理パスワードを変更する。パスワードは確認のため2度入力する。
  • 下部「save」をクリックし設定を保存する。


 
更新履歴
2008.08
作成


FreeNASサーバー構築編
トップ アイコン
トップ

ディスク管理